お墓

墓じまいをする前に知っておきたい手順とよくあるトラブル

更新日:

ここ数年「墓じまい」という言葉が聞かれるようになりました。普段あまり聞いたことがない馴染みのない言葉だと思います。もともとは霊園・墓石のヤシロの社長であるや八城勝彦さんが「お墓の無縁化をさせたいくない」という気持ちから墓じまいという言葉を2009年に名付けたそうなんです。

墓じまいとは、先祖代々が眠るお墓を撤去することです。つまりお墓のお引越しで改葬の一つの流れなのです。一昔前までは長男がその家とお墓を守るのが当たり前のように考えられていましたが、その考え方に変化が訪れたようです。

墓じまいは時代のニーズから

戦後のベビーブームで誕生した団塊世代は就職などを理由に地元から離れ都心に生活拠点を移しました。お盆・正月に実家へ帰りお墓のお世話をしますが、「自分が死んだあと、自分の子供にもこうやって帰省させるべきなのだろうか。そもそも自分が高齢になって歩けなくなれば、もっと早いうちからお墓の事で子供に面倒をかけるのではないか。」と不安は尽きません。また、子供がいない夫婦や独身の方もいるので後継ぎを必要とするお墓は悩みの種です。

このような時代の流れから「墓じまい」が注目されるようになったのです。墓じまいをする方は、自分や自分の子供たちがお墓参りしやすい土地に新しいお墓を建て直す方もいます。また、子供たちに迷惑をかけないようお墓を残さない散骨や合祀・樹木葬、納骨堂やお墓を永代供養にする選択もあります。

そこでここからは墓じまいの流れを見ていきましょう。

墓じまいの流れ

さて、墓じまいとひと口に言っても一人で行えるものではありません。では、実際はどのような手続き・流れですすめればよいのでしょうか。順を追ってご紹介します。

1.家族・親族との話し合い

まずは家族・親族との話し合いです。墓じまいをしても良いか、良ければその後の遺骨の行方についても話し合いましょう。遺骨の行方として、生活スタイルに合った場所に新しくお墓を建てる、菩提寺や公営墓地での合祀、散骨、納骨堂、手元供養などが挙げられます。

2.改葬先を決め、受入証明書または墓地使用許可証をもらう

改葬先を決める際には、現在お墓に誰が納められているか、全部で何体あるか確認しておきましょう。

遺骨を新しいお寺や公営墓地・納骨堂に納骨する場合は、ネット情報だけで判断せず実際に見学に行きましょう。目で確かめることが大切です。管理者ともお話ができれば安心して預けられるか参考になります。

改葬先が決まったら、お寺・公営墓地の場合は墓地使用許可証、納骨堂の場合は受入証明書を発行してもらいます。

3.改葬許可申請書をもらう

菩提寺に墓じまいする旨を伝えてから、現在お墓のある自治体で改葬許可申請書を発行してもらいます。

この申請書は墓じまいをした後、お寺・墓地・納骨堂など他の方の管理が必要なところにお骨を預ける場合に必要になります。散骨・自宅供養の方は必要ありません。

4.埋蔵証明書をもらう

現在のお墓の管理者から埋蔵証明書をもらいます。この証明書はお墓1基で1枚ではなく、故人一人につき1枚です。発行手数料として1枚300~1500円かかります。

現在の納骨先が納骨堂の場合は、埋蔵証明書の代わりに収蔵証明書をもらいます。

5.改葬許可証をもらう

現在お墓のある自治体で改葬許可証(故人一人につき1枚)を発行してもらいます。発行手数料として0~1000円かかります。この許可証をもらうためには、改葬許可申請書・埋蔵証明書・受入証明書または墓地使用許可証の3つを提出が必要です。

6.お墓の撤去作業をお願いする石材店を決める

お寺によっては石材店を指定しているところもありますが、指定がなければ2~3件ほど見積もりをとりましょう。墓石処分と区画整備(1平米につき)で10~15万円が目安です。

7.閉眼供養・遺骨の取り出し

いよいよ遺骨を取り出します。取り出す前に僧侶がお経を読み、お墓に宿っている仏様・先祖の魂を抜きとる供養をします。これを閉眼供養と言います。

供養が終わると石材店の方が遺骨を取り出してくれます。遺骨を持ち帰る際に骨壺が割れないよう、風呂敷やさらしを持っていくとよいでしょう。

8.改葬先へ納骨

散骨・自宅供養でない場合は改葬先へ納骨します。この際、改葬許可証と受入証明書または墓地使用許可証が必要になります。

墓じまいでよくあるトラブル

墓じまいには多くの手続きが必要なことはおわかり頂けましたでしょうか?実はこの手続を進めるにあたって、よくあるトラブルというものがあります。ここからは墓じまいによく起こるトラブルについてご紹介します。

親族間でのトラブル

墓じまいで一番多いのは親族間のトラブルです。親族全員に相談することが面倒だったり話がまとまらないうちに、祭祀権を持つ方(喪主を務めた方になるケースが多いです)の一存でことをすすめてしまうと後々のトラブルにつながります。

お嫁に行って自分の家のお墓には入らないのだから、今までお墓のことを知らない顔をして自分に押し付けてきたのだから、と理由をつけるのはよくありません。お墓は亡くなった先祖・両親の象徴であり、年に1回のお参りでも様々な事を報告して心の拠り所としている方も多くいます。

一度撤去したお墓は戻すことができません。さらに、改葬先に合祀(ごうし:共同のお墓に骨壷から遺骨を出して納骨すること)してしまうと、特定の個人の遺骨は回収できなくなります。形見として分骨して欲しかったと後から言われても、その願いを叶えることはできません。

また、墓じまいでかかる費用は決して安いものではありません。必要書類の発行手数料、墓石処分と区画整備料、閉眼供養のお布施、離檀料、改葬先の料金、と最低でも数十万はかかります。自分の先祖のお墓なのだからと強気で金銭援助の相談をしても拒まれることもあるでしょう。墓じまいの合意がなかった場合はなおさらです。

菩提寺とのトラブル

菩提寺とのトラブルは離檀料についてです。高額な離檀料を請求されることがあります。

本来、離檀料やお布施は明確な金額が決まっておらず、あくまで“お気持ち”として包みます。

しかし、お寺の収入源の7~8割が葬祭関係でのお金です。壇家になると入壇料として10~30万円、年間管理費1千~2万円、年5回程の法要のお布施5万円。その他に年回忌法要(三周忌、七周忌など)、新たに亡くなった方の葬儀とその年回忌法要があります。壇家から包んでいただいたお金をもとに毎日お墓を守っているので、そのお金がなくなることはお寺としても痛手です。

入壇する際に“離檀料として○○円払います”と契約をしていない限り高額な離檀料を払う必要はありません。突然お寺に行って墓じまいをしたいから書類を発行してくださいと事務的にすすめるのではなく、前々からお墓が遠い・自分で代が途絶えるなどの相談をしておくとよいでしょう。僧侶もまた人間なのです。

墓じまいをせずにお寺の管理費を滞納すると?

墓じまいが行われずに引き継ぐ人がいなくなったお墓(無縁墓といいます)、または、親族がお墓を放棄し管理費を滞納した場合はどうなるのでしょうか。

残念ながら、お墓は4年後に強制撤去されます。

3年間ずっと管理費が滞納されたお墓は「墓地・埋葬等に関する法律(略称:墓埋法)」に則り、官報に墓地使用者・墓地に埋葬されている方の名前・本籍が記され1年以内に名乗り出るよう掲載されます。同時にお墓にも同内容の立札が立ち、1年間掲示します。この2つでも申し出がない場合に、強制撤去となります。

お墓の中に眠っている遺骨は合祀墓へ移され、墓石は処分されます。処分場へ運ばれた墓石は細かく砕かれ、道路工事の砂利などに再利用されます。遺骨は合祀墓へ移されるので後から返してほしいと言っても不可能です。

「お墓を買ったのに勝手に撤去するなんて」と思うかもしれませんが、「お墓を買った」というのは「お墓を建てる土地の使用権と墓石を買った」という意味にしかなっていません。

お墓を建てる土地はあくまでも管理者のものなので、管理費を3年も滞納する場合にはその土地を返してもらう権利があるのです。

4年で撤去してくれるなら・・・、あらぬことを考えている方はいないと思いますが、誰にも花を手向けられず荒れ果てているお墓ほど悲しいものはありません。お墓のお世話ができないのであれば、できない自分を責めるのではなく、しっかりと墓じまいをして先祖を供養してあげることが一番です。

大切なのは先祖の供養

時代の変化に伴い永代供養や樹木葬・散骨など新しいスタイルの供養やお墓がうまれています。しかし、どんなスタイルの供養・お墓でも大切なのは先祖を敬い供養することです。

今あるお墓の将来が不安なのであれば、墓じまいや改葬を積極的に考えましょう。無縁墓にならずに済んだことにご先祖様はきっと喜んでくれるはずです。

-お墓

Copyright© お墓まもりどっとこむ , 2018 All Rights Reserved.