お墓

樹木葬は継承不要、自然と一体化できるお墓。特徴と注意点を解説

更新日:

近年、少子高齢化の進行により、お墓の管理・継承が難しくなるケースが増えてきました。その結果、葬儀やお墓に対する考え方が多様化し、新たな埋葬形態が注目を集めています。その1つが「樹木葬(じゅもくそう)」です。ここでは、樹木葬のメリットや費用の相場、注意点について見ていきましょう。

樹木葬とは

樹木葬は、墓石の代わりに樹木を墓標とするお墓です。樹木の種類は特に限定されておらず、サクラ、モミジ、ツバキ、ハナミズキ、ヤマツツジ、ユキヤナギなど、いろいろな樹木が使われます。比較的背の低い木や草花を使った、お花畑に近い形態の墓地もあり、ニーズに応じてさまざまな樹木葬墓地が登場しているのです。

また、樹木葬は基本的に永代供養(えいたいくよう)の形式を取るため、継承の必要がありません。手入れは墓地の管理者が行ってくれるので、維持管理の負担がなく、無縁墓になってしまう事態も防げます。同じ永代供養形式のお墓としては納骨堂がありますが、「自然に還る」イメージに惹かれて、樹木葬を選択する方も多いようです。

お墓の維持管理に困った結果、先祖代々のお墓を撤去し、樹木葬墓地に改葬するケースも増えてきています。「家のお墓」ではなく、「自分のお墓」がほしいという背景もあるのかもしれません。今後も、多様なニーズに対応できるお墓として、樹木葬の需要は増加していくでしょう。

樹木葬のメリット

樹木葬には、以下のようなメリットがあります。

・継承や維持管理が不要
清掃や管理は、すべて墓地の管理者が行ってくれます。子供がおらず継承者が見つからなくても、長期間お墓参りに行けなくても、お墓が荒れることはありません。

・費用が節約できる
従来型のお墓を新たに購入する場合、平均200万円ほどかかります。このうち、墓石代(+加工費)は、100万円~150万円ほど。半分以上は墓石代であることがわかります。樹木葬は墓石を購入する必要がなく、省スペースゆえに永代使用料も安い傾向にあるため、費用を大幅に節約できるのです。

・宗派を問わない
樹木葬は宗教・宗派を問わないため、誰でも埋葬することができます。寺院が経営している樹木葬墓地でも、宗教・宗派は制限されないことがほとんどです。

・自然に囲まれて安らかに眠れる
木々に囲まれて眠ることで、「自然に還る」イメージを抱きやすくなります。

樹木葬のデメリット

樹木葬は、何かと「理想のお墓」のような扱いをされがちですが、メリットばかりではありません。樹木葬の主なデメリットを挙げてみましょう。

・遺骨を取り出せない場合がある
合祀するタイプの樹木葬は、一度埋葬すると遺骨を取り出すことができません。個別のスペースが確保されていても、遺骨を砕いて散骨するスタイルだと、やはり取り出せなくなります。親族とのトラブルにつながりかねないため、形式を必ず確認しましょう。

・周囲の理解が得られないことがある
従来型のお墓を望む人はまだまだ多く、親族から樹木葬を反対されることがあります。特に、先祖代々のお墓を改葬する場合は、十分な説明が不可欠でしょう。

・交通の便が悪いことがある
樹木葬は省スペースなので、都市部でも墓地を造ることができます。しかし、里山をそのまま利用するタイプの墓地は、ある程度自然の多い場所でなければ造れません。必然的に、交通の便は悪くなってしまいます。

・お供え物を置けないことがある
樹木葬墓地では、環境保護のためにロウソクや線香の使用を禁止している場合があります。その他のお供え物も置けないので、人によっては不満を覚えるかもしれません。許可されている場合でも、必ず専用の皿やロウソク台を使いましょう。

樹木葬の費用相場

樹木葬の費用の相場は、全国平均で50万円ほどです。内訳は以下のようになっています。

・永代使用料(永代供養料)
樹木葬墓地を使用し、永代供養をお願いするための費用です。1代限りの使用であることがほとんどなので、従来型のお墓に比べて安くなっています。

・埋葬料
遺骨を埋葬するための費用です。

・管理料
お墓の維持管理にかかる費用です。生前のみ支払う必要があったり、埋葬後一定期間のみ支払えばよかったりとさまざまです。管理料がかからないこともあります。

基本的に、「自分のお墓」であることを明確にするほど料金は高くなります。合祀墓ではなく個別埋葬型を選択したり、オプションで名前を刻んだ石碑を配置したりすれば、その分追加の費用がかかるのです。また、土地の不足している都心部だと料金が高くなりがちなのも、従来型のお墓と変わりません。

樹木葬の手続きの流れ

樹木葬の申し込み手続きは、従来型の墓地と同じです。むしろ、墓石の契約をしなくていい分、簡単になっているかもしれません。基本的な流れを見ていきましょう。

1:樹木葬の情報を収集する
墓地の公式サイトや情報サイトを使って、情報収集を行います。必要なら、パンフレットも取り寄せてください。

2:墓地を見学する
予約を入れてから墓地を見学します。墓地の環境や埋葬する場所はもちろん、交通の便や移動時間も確認してください。不明点があれば、担当者に何でも質問しましょう。

3:墓地を契約する
墓地を決定したら、料金を納めて正式に契約します。慌てずにじっくりと検討しましょう。また、墓地の使用許可証が発行されるので、大切に保管してください。

4:死亡届の提出~火葬
埋葬予定者が亡くなった時の手続きも、従来型の墓地と変わりません。火葬場では、埋葬許可証を忘れずに受け取りましょう。

5:埋葬する
樹木葬墓地の管理者に埋葬許可証を提出します。埋葬の日程を確認し、当日に遺骨を持参してください。細かい流れは墓地ごとに異なるので、管理者の指示に従いましょう。

樹木葬での埋葬方法

樹木葬は、埋葬の方法や墓地の環境によって、いくつかのタイプに分けられます。主なタイプを知っておきましょう。

埋葬の方法による分類

・合祀型
多くの方の遺骨をまとめて埋葬する方法です。遺骨は骨壷から出されるため、埋葬後に遺骨を回収することはできません。

・共同埋葬型
合祀型と似ていますが、遺骨は骨壷や袋から取り出さず、区別がつくようにして埋葬します。

・個別埋葬型
従来型と同じで、個別のスペースを確保する方法です。一般的には、1人につき1本の樹木を植えるため、墓石を樹木に置き換えたものと考えて構いません。

墓地の環境による分類

・公園型
1本の木の周りに多く遺骨を埋葬します。都市部でよく見られる形態です。

・ガーデニング型(花壇墓、ガーデン葬)
公園型とほぼ同じですが、樹木ではなく多くの草花を用い、花壇のようにして埋葬します。

・里山型
山や森などの自然を、ほぼそのまま墓地として利用する方法です。シンボルとなる樹木は、あらかじめ植樹しておくこともありますが、天然の樹木を使うこともあります。

樹木葬の注意点

樹木葬を行うに当たっては、いくつか注意しなければならない点があります。

・埋葬は許可された場所へのみ行える
樹木葬だからといって、自由な場所に遺骨を埋めていいわけではありません。遺骨を自宅の庭や公園に埋めると、死体遺棄罪になる可能性があります。従来型のお墓と同様、許可を受けた墓地に埋葬してください。

・自由なガーデニングは不可能
樹木葬墓地の手入れは、すべて管理者が行います。勝手に新しい樹木を植えたり、土を掘ったりしないようにしましょう。

・景観が変化する可能性がある
樹木は生物ですから、年月に伴って姿を変えます。埋葬時より成長することもあれば、枯れてしまって別の樹木が植えられることもあるでしょう。里山型の場合、その変化は特に顕著です。将来的な景観の変化も考慮に入れて、墓地を選んでください。

樹木葬はこんな方におすすめ

総合的に見て、樹木葬がおすすめできるのは以下のような方です。

・お墓の継承者がいない人
無縁墓になることを防ぐためにも、樹木葬を選択するのがいいでしょう。継承者がいたとしても、管理の負担を与えたくないのなら、樹木葬は選択肢に入ります。

・お墓の管理を負担に感じている人
仕事が忙しかったりお墓が遠すぎたりして、なかなか様子を見に行けないこともあるでしょう。樹木葬墓地に改装すれば、管理の負担をなくすことができます。

・費用を節約したい人
できるだけ安価なお墓を探しているなら、樹木葬を検討してみてください。お墓が高額になりがちな都心部では特に重要です。

・死後は自然に還りたい人
「石のお墓より、自然の中で眠りたい」という方には、樹木葬は強くおすすめできます。

まとめ:樹木葬の特徴を知り、お墓の選択肢に入れよう

樹木葬は、従来型のお墓で発生していた多くの問題点を解決することができます。デメリットもあるため、安易に樹木葬を選んでいいわけではありませんが、お墓を探しているなら選択肢に入れておくべきでしょう。特徴をよく理解して、納得のいく樹木葬墓地を見つけてください。

-お墓

Copyright© お墓まもりどっとこむ , 2018 All Rights Reserved.