お墓

納骨堂を探す前に知っておきたいはじめての納骨堂の費用や注意点

更新日:

ここ数年、首都圏や都市部で納骨堂を検討している人が増えています。管理のしやすさや値段のリーズナブルさで納骨堂の販売もあっという間に完売してしまうと今後、終活の選択肢のひとつとして注目を浴びています。

そこで今回は納骨堂に興味のあるご家族へ知っておきたい納骨堂の主な特徴をご紹介します。

納骨堂とは

納骨堂とは、遺骨を収蔵する屋内施設のことです。室内型のお墓ともいえます。ただ、必ずしも墓石を使ったお墓ということでなく、お仏壇やロッカーなど墓石とは違うかたちでのものが主流です。

昔はお寺の一角にお墓へ納骨するまでの遺骨の一時保管施設として納骨堂がありましたが、現在は一時的な保管ではなく利用されています。

法律的には通常のお墓と同じ扱いで、納骨堂を解説するには都道府県知事の認可が必要なので場所だけでなく、運営がしっかりしているかのチェックは重要です。

納骨堂が注目されるのはライフスタイルの変化

その背景にはライフスタイルの変化が挙げられます。結婚していても子供がいない家庭や未婚が増えたため、お墓を引き継いでくれる人がいないという問題。

子供はいても実家を離れ遠い場所で生活しているのでお墓のことで迷惑をかけたくないという親の気持ち。お墓を引き継ぐ人がいること・地元に残って生活する子供がいることを前提とした先祖代々のお墓は、現代を生きる人にとって無理が生じ始めているのかもしれません。また、地元を離れ仕事のある都会に人口が集中した結果、都会での深刻なお墓不足が問題となっています。

納骨堂は継承者を必要としないことや屋内施設ならではの利便性など、今抱えている不安が解決できる可能性がたくさんあります。

納骨堂は大きく4つタイプがある

納骨堂にはロッカー式・仏壇式・自動搬送式・室内墓石式があります。それぞれの特徴をご紹介します。

ロッカー式

駅にあるコインロッカーのように小さな扉付きの棚が一面に並び、そのひとつの棚に遺骨を安置します。小さなスペースなので費用が安い代わりにお花などお供え物ができません。味気ない見た目にならないよう、各納骨堂でデザインに工夫を凝らしています。

仏壇式

上段にお仏壇、下段に遺骨を収蔵するスペースがあります。霊廟型(読み方:れいびょうがた)とも呼ばれます。見た目が豪華でお花や遺影・思い出の品などを置くスペースもありますが、費用は高めです。大きいお仏壇では10名程度の収蔵が可能です。

自動搬送式

利用者共有の参拝スペースがあり、そこへ専用のICカードを使って遺骨を自動搬送させます。ロッカー式や仏壇式のように個人スペースが確保されている訳ではありませんが、遺骨が準備されたお墓に向かって手を合わせることができます。参拝スペースはパーテーションで区切られているところ、個室のところもあります。故人の写真を画面に映せたり好きな音楽を流すこともできたりと各納骨堂によってさまざまです。お花・お線香が準備されているので手ぶらでお参りができます。

室内墓石式

屋内にお墓があるタイプです。外にある墓地がそのまま屋内に移動したイメージとなります。お供え物はもちろんのこと、お墓に水をかけることもできます。従来のお墓のかたちが良い、お墓を共有したくないという方におすすめです。

納骨堂を選ぶメリット

屋内施設だからこその良さ

バリアフリー化・冷暖房完備の納骨堂もあるので、車イスの方や小さなお子さまも安心してお参りができます。また、天候に左右されないのも良い点です。お参りできる時間は各納骨堂で異なりますが、24時間対応のところもあり日中にお参りができない方におすすめです。

立地条件がよい

公共交通機関が整備されている場所に立地しているところが多いので、車を持っていない方にも安心です。特に地方に墓をお持ちだった方にお聞きするとお寺までが遠く、山の上にあったり、維持管理が大変との声を聞きます。

その点、都市部では駅の近くなどに納骨堂がありますので今まででよりお墓参りの回数が増えたという方もいらっしゃいます。

従来のお墓に比べて費用が安い

新しいお墓を建てようとすると、永代使用料(お墓の土地代)と墓石一式で平均300万円程~かかります。一方、納骨堂は1名平均70万円程~です。個人用だけでなく夫婦用や家族用もあるので同じ場所で一緒に眠ることができます。

宗旨・宗派を問わない

納骨堂には公営・民営と寺院経営があります。公営・民営ではもちろん宗旨・宗派を問われることはありませんが、寺院経営であっても納骨堂に限り宗旨・宗派を問わないところが増えています。また、壇家になる必要がない寺院経営の納骨堂があるのもよいところです。

ただし、供養はその寺院の宗派様式で行われるので宗派にこだわりがある方は最初に確認が必要です。

永代供養をしてくれる

納骨堂ではお参りする方がいてもいなくても供養・管理をしてくれます。ただし、各納骨堂によって収蔵方法や期間には違いがありますので事前に確認しておくことが重要です。

納骨堂を選ぶデメリット

個人としての収蔵期間が決まっている

個人の遺骨として収蔵してもらえる期間が決まっているので、期間後は合祀されるので個人の遺骨を前にしたお参りができなくなります。収蔵期間を選ぶことができる納骨堂もあります(期間が長いほど費用がかかります)が、一般的には三十三回忌までです。

地震・火災で他の遺骨と混ざる・紛失の可能性がある

限られたスペースにたくさんの遺骨を収蔵できるのが納骨堂の強みであり、災害時には弱みとなります。耐震設計の建物であるか、万が一の保証があるかを確認しましょう。

納骨堂のタイプによってはお供え物・お墓への水かけができない

個人スペースが限られているためお供え物が制限されることがあります。また、室内墓石以外はお墓への水かけはできません。

納骨堂の費用

納骨堂の費用は1人用で平均70万円、家族用で平均100~200万円です。この費用はあくまで平均であって、同じ納骨堂のプランでも広さや装備の豪華さによっていくつかグレードが存在します。また、個別収蔵の期間(永代供養期間といいます)が長いほど費用は高くなります。

タイプ別で考えると
1.室内墓石式
2.仏壇式
3.ロッカー式

の順で費用が高くなります。

個人スペースの広さを考えると当然の順番かもしれません。自動搬送式は個人スペースがなく、かつ、共有の参拝スペースであることから費用はあまりかかりませんが、グレードの差が大きいため費用の順番をつけることが難しいです。

納骨堂のパンフレットやホームページではトータル料金として価格が表示されていますが、内訳を確認しておきましょう。施設によってトータル料金に含まれている項目がバラバラなので、あとで追加料金が発生するかもしれません。

料金項目としては、以下のようなものがあります。
・永代供養料
・永代使用料
・納骨費用
・開眼法要料
・維持管理費
・戒名料
・位牌料
・遺骨収蔵厨子
・銘板・彫刻料

特によく確認しておきたいのが「維持管理費」です。維持管理費は主に冷暖房やエレベーターなどの設備にかかる管理費用です。この費用は年間5,000~10,000円ですが、支払い開始時期が各納骨堂によって異なります。

生前購入をした場合、すぐには納骨しないものの契約した時点から維持管理費がかかるところもあります。他には、納骨した時点から、一括で事前に支払う、発生しない、というケースです。

納骨堂の購入までの流れ

では実際に、納骨堂購入までの流れをご紹介します。

1.納骨堂の情報を集める

インターネットや資料請求をして納骨堂の情報を集めましょう。
どのタイプの納骨堂(ロッカー式、仏壇式など)にするか、希望収蔵人数や個別収蔵期間・収蔵後の遺骨の管理方法、費用、宗旨・宗派のこだわりなど、おおまかに自分の希望を見つけておくと探しやすいです。

2.納骨堂を実際に見学する

集めた情報の中から気になる納骨堂へ見学に行きましょう。電話やホームページから見学予約ができるところも多いです。また、無料の送迎バスを手配してくれる納骨堂もあります。

見学では資料から読み取ることのできない管理・設備の状態や利用者の混雑具合をチェックしましょう。“百閒は一見に如かず”です。自分の目でしっかりとチェックすることをおすすめします。

納骨堂の契約

自分の希望にあう納骨堂が見つかったら契約します。契約に必要なものは以下の通りです。
・本人確認書類(運転免許症、パスポートなど)
・実印、または、認印
・住民票(本籍・世帯員が記載されていて6ヶ月以内の発行)、または、戸籍謄本

場合によって必要になるものです。
・申し込み手付金(申し込みが完了すると購入資金に補てんされます)
・口座番号がわかるもの、その口座のお届け印(ローンを組む場合)
・家紋名称(銘板に家紋を彫ってもらう場合)
・故人の写真や映像(参拝時のモニターに使用する場合)

契約後にキャンセルすることもできますが、キャンセル料が発生するので契約はよく考えてからにしましょう。特に、銘板など何らかのモノを注文しているとその分もキャンセル料に上乗せされます。

料金の支払い

振込みなどで料金が支払われると場所が確保され、無事に購入完了となります。

納骨堂の永代供養

永代供養とは、お墓参りをする人がいなくても管理者が供養・管理をしてくれることです。

そして、注意したいのが「永代」は「永久」という意味ではないことです。

納骨堂での永代供養は、個人として遺骨を収蔵し、管理者が供養・管理することを指します。この期間を永代供養期間といい、一般的には三十三回忌までです。納骨堂によっては永代供養期間を選ぶことができ、期間が長くなるほど費用がかかります。供養回数や供養のタイミングも納骨堂によって異なる点です。

さて、永代供養期間後の遺骨はどうなるのでしょうか。こちらもよく確認しておきたい点です。

永代供養期間後の遺骨は、遺骨を丸ごと合祀墓に納骨するところ、一握りの遺骨のみを残して供養するところ、納骨堂によって対応はさまざまです。

合祀されてしまうと特定の方の遺骨を取り出すことはできないので、家族・親族と永代供養期間についてしっかりと話し合うことが大切です。また、永代供養期間内であれば当初契約した永代供養期間の年数を増やせる場合もあるので早めに管理者へ相談しましょう(追加料金がかかります)。

納骨堂はこんな方におすすめ

納骨堂は屋内施設であることの特徴を活かして次のような方におすすめです。

・天気や時間に縛られずにお参りがしたい方
・バリアフリー化された環境を必要とする方
・費用を抑えたい方
・個人スペースが確保されたところに納骨したい方(ロッカー式、仏壇式、室内墓石式)
・お墓は建てたくないけれど、お墓に向かってお参りしたい方(自動搬送式、室内墓石式)

さらに、新しく建設される納骨堂は複数のフロアを持つビルタイプもあります。このような納骨堂では、大人数での葬儀・法要ができる御本堂、家族葬のように少人数での葬儀・法要のできる部屋、会食を調理する厨房を完備しています。葬儀から納骨までが一か所でできるので、移動や施設の予約の手間を省くことができます。

当初は遺骨の一時保管するだけの納骨堂でしたが、時代の変化に合わせどんどん進化を遂げています。

-お墓

Copyright© お墓まもりどっとこむ , 2018 All Rights Reserved.