お墓

終活で知っておきたいお墓の継承者の問題とお墓の選び方

更新日:

終活に欠かせないお墓

ここ5年ほどの間に自分自身の人生の終わりの活動として、「終活」という言葉が世の中に認知されるようになって久しいですが、お墓業界では以前から生前に自分自身のお墓を建てることは、「寿陵」として長寿を招く縁起のいいこととされていました。墓石の建立者名が、朱色に塗られている方は寿陵で生前にお墓を建てた方です。

また、仏教では、生前戒名という習慣があります。生前戒名は、仏弟子になった証として菩提寺から授与されるものですが、これも終活の一環とも言えますね。

納骨堂が今注目される理由

現在におけて、終活の一環でお墓や納骨堂を検討されている方は、「子供に迷惑をかけたくない」「跡継ぎがいないので心配」といった声を聞きます。

一般的にお墓は、代々引き継いで行くものでした。だが、少子高齢化の現在において、お墓を引き継ぐ者がいなくなっています。息子がいれば引き継ぐこともできますが、子供が娘だけで、娘も嫁いでしまうと、跡継ぎはいなくなってしまうのです。

つまり少子化と残された人たちへの配慮から納骨堂が今選択肢として注目されているのです。

継承者の居ないお墓や納骨堂はどうなるの?

通常、お墓や納骨堂の場合、跡継ぎとなる継承者がいないとどうなるのでしょう。

一般的にお墓や納骨堂を「買う」という言い方をしますが、実際には、所有権を買うわけではなく、使用権を買っていることになります。

そして、この使用権は永代に渡り、つまり永久に権利を持っているわけではありません。毎年支払うことが約束されている管理費がある場合には、代々引き継がれて滞りなく支払い続けられている限り、使えるに過ぎないのです。

また、現在の契約者と継承者との関係も、霊園納骨堂によっては、何親等以内でなければならないなど、限定されていることもあります。

この管理費の支払いが、継承者が不在で滞った場合には、一定の猶予期間の後に「墓地埋葬等に関する法律」の規定によって無縁墳墓の改葬手続きすることになります。

つまり、このお墓の跡継ぎの方がいたら名乗り出てください。一定期間に名乗り出る方がいない場合は、無縁仏になります、ということです。無縁仏となった場合には、それぞれの霊園にある合葬墓に納めることになり、使用者がいなくなった墓所や納骨堂は再募集されることになります。

そのため最近では、このようなお墓や納骨堂の跡継ぎが心配な方のために、様々な形態のお墓や納骨堂があります。

合葬墓

使用料以外に管理費等が必要ないため、跡継ぎの心配をする必要がありません。合葬墓と永代供養墓の違いは、合葬墓とはお骨を納めるだけで、永代供養墓とは合葬された方を永代に渡るご供養も付いているお墓です。

合葬墓とは、お骨は一つの大きなお墓にたくさんの方と一緒に納められることになり、一度納骨するとお骨を改葬などで取り出すことはできません。

このように他の方と一緒に納められるお墓ではなく、個別にお参りできる自分たちのお墓がいいと考える方は、次に上げる有期限のお墓があります

有期限契約のお墓

一定期間は通常通りお墓として使用できますが、一定期間満了後は指定された合葬墓に埋葬されることになる契約です。

散骨

お墓や納骨堂は跡を継ぐ子供たちに迷惑をかえるという観点から、散骨を選択する方もいます。お骨全てを海に散骨することによって、お墓や納骨堂における跡継ぎ問題は無くなることになります。

しかしお骨全てを散骨した際に、後になって手を合わせ、故人を偲ぶ場所が欲しいと考える方もいます。散骨を検討する際には、お子さんとも相談の上に検討することが必要です。

両家墓

お墓や納骨堂の跡継ぎ問題は、決して少子高齢化の現在だから起こる問題ではありません。昔から、お墓の跡継ぎ問題は存在していました。

墓地などで、一つのお墓に二つの家名が彫ってあるお墓を見たことがあると思います。これは「両家墓」といいますが、例えば夫婦それぞれの先祖のお墓を墓じまいして一つのお墓に納めたものです。

お墓や納骨堂などの祭祀財産の跡継ぎは、民法上祭祀継承者として相続財産とは別に扱われます。つまり、長男である必要はないのです。次男でも長女でも祭祀継承者になることができるのです。

子供たちに負担をかけないという意識から跡継ぎ問題を心配しても、子供たちも将来的には自分たちのお墓を考えなければなりません。将来的に家族の誰もが一緒に入るお墓を考えてみることも、一つの策ではないでしょうか。

このような両家墓を検討するに際して、気を付けなければならないことがあります。両家の宗旨宗派が違う場合です。また、寺院墓地の場合、同じ宗派であっても両家墓を認めていないお寺もありますので注意が必要です。

両家の宗旨宗派が違う場合は、宗旨宗派不問の民間霊園が選択肢になりますが、お墓に各宗派のお題目などを掘らずに、両家の家名もしくは宗派を表さない他の文字を彫ることで、それぞれの宗派の僧侶にお参りしていただくことができるようになります。

永代管理

お墓や納骨堂を購入すると、毎年支払うべき管理費が将来的な負担になるのなら、永代管理のお墓という選択もあります。

永代管理とは、毎年払うべき管理費を一定金額まとめて支払うことによって、以後の管理費は不要になるものです。跡継ぎの有無に関わらず、お墓が半永久的にその場所に存在し続けることになります。

現在において、永代管理制度を設けている霊園・納骨堂が少なくなっていますが、根気よく探すと見つかる可能性もあります。

お墓や納骨堂の跡継ぎ問題は、子供がいない人やシングルの人の問題だと捉えがちですが、子供がいても女性だけであったり、地方から都市への人口流動化などによって、継承者がいても遠くて管理できずに実質無縁状態の荒れたお墓が増加していくことになります。

今は、子供に継承されるお墓も、将来的にも無縁化しないとは誰にも言えないのです。そういった意味で、お墓納骨堂の継承者問題は、社会問題化していると言えるのです。

終活は死後の手続きまでを家族と話しましょう

どんなに終活として自分の逝き先を考えていても、死後は自分では何もできません。誰かの手を借りることになります。自分の好きなようにではなく、元気なうちに情報収集に努め、家族と話し合う機会を設けて行くことが、終活の第一歩であり、最善な選択肢を見つけて行く方策です。

-お墓

Copyright© お墓まもりどっとこむ , 2018 All Rights Reserved.